2018年4月25日水曜日

ラトックシステム REX-WIFISD2 Wi-Fi SDカードリーダー

実は、ゴールデンウィークに、富士山を見に行くツーリングを計画している。

大阪までフェリーで行き、高速で山梨まで行く。そこで一泊。そして富士山を満喫して次の日、昼頃再び高速で大阪まで戻り、そこで一泊。次の日大阪近辺をツーリングして、再びフェリーで戻るという計画なのだ。

船で2泊、宿で2泊となる。日程は4/28の夕刻フェリーで出発して、5月2日の早朝戻る。

ここで、問題となるのは、動画を全部撮ると、大量のメモリーカードが必要となることだ。そこで、なんとか、旅先でメモリーカードをストレージに保存したいと思っていた。
だが、ノートPCなどは大きく重い。なんとか軽く済ませられないかと探していた。

いわゆるフォトストッカーなのだが、最近ではこのようなカテゴリの製品はほとんど無くなってしまっている。

そんな中見つけたのが、表題のWiFi SDカードリーダーなのだ。



こり製品、バッテリーを内蔵したWiFi対応のSDカードリーダーなのだ。端子としてSDカードだけで無く、USB 3.0 とUSB 2.0を持っており、USBメモリなども付けられる。そして、これのすごいところは、そのSDカードとUSBに刺したストレージの間でファイルを転送出来ることなのだ。

つまり、USBストレージとしてUSB HDDをつなげば、SDカードからUSB HDDへファイルを転送出来るという訳だ。

しかも、多機能で、WiFiルータとしても使えるらしい。今回はその機能は使わないので、評価しないが。

さらに、バッテリーまでも内装している。しかし、バッテリーの容量が少ないので、電源無しでの運用は難しいだろう。1回だけならいいが、宿には2泊するのだ。

画面も無いのにどうやって使うのかと疑問に思うかもしれないが、操作はWiFiで繋いだスマートフォンのアプリで操作するのだ。PC要らずで使える。


これがパッケージ。

裏側。大きさは、コンパクトなWiFiルータという感じだ。

内容物。付属品はUSBケーブルのみ。

端子が、microUSB 3.0なので、特殊な形状になっている。

左がSDカードスロット。そして、右がUSB 3.0端子だ。

こちらに、通常のUSB 2.0と電源スイッチ、そしてLAN端子がある。WiFiルータとして使う場合は、このLAN端子でネットに繋ぐ。

しかし、ここで残念なことがわかった。何故かUSB 3.0は、PCと繋ぐか電源供給端子となつていて、ストレージは遅いUSB 2.0端子にしかつなげないという説明だった。何故にこんないい加減な仕様にしたのだろうか。

その為、口コミでも、給電して使うのに特殊なケーブルなので面倒だととすいうのがあった。しかし、給電だけならば、micro USB 3.0の内、通常のmicro USB端子と同じ形状の部分に接続すれば給電可能なのだ。

実際繋いでみると、ちゃんと給電された。

そして、電源スイッチを押して電源をONすると、WoFiが有効になった。

スマホにアプリをいれて、NFCを有効にしておけば、REX-WIFISD2の上に置くだけで、接続が完了する。とても簡単だ。

そして、実際に、50GB程度を、SSDを内蔵したUSB HDDケースと接続して転送してみた。

50GBの転送にUSB 2.0では何時間もかかるかと思ったが、思ったほどでもなく1時間低度だった。これなら十分実用的だ。

ただ、スマホも給電しておかないと、接続が切れてしまうと途中で転送が止まってしまう。スマホも給電してもスリープしない設定にしておくのが安心だ。

そしてね口コミでとても熱くなるというものがあったが、確かに熱くなる。だが、転送に失敗することはなかった。なんとか使えそうだ。




2018年4月24日火曜日

SUZUKI GSX-S1000F サイドスタンドエクステンションの交換

4月のツーリングの時にサイドスタンエクステンションのネジが1本無くなっていた。

まだ、綺麗になのに。

が、裏を見てみてみるとだいぶすり減っていた。

それで、同じモノをamzonで注文しておいた。




1000円ちょっとと本当に低価格だ。これなら、ネジを探し回る必要も無いだろう。

同じようだ。

ネジは、探せばあるかもしれないが、この座金はおそらく無いだろう。そう高いモノでもないので、買うことにしたのだ。これで、ネジが2つ余ることになるので、それを予備にすることにすれば良い。

付いていたモノを外した。赤い塗装が剥がれて、アルミの粉が出ていた。少し削れていたのだろう。

また、外れるといけないので、今回もネジロックを、

たっぷりと塗っておくことにした。

そしてキツく、ネジ止め。

外した、ものを見てみてみると、片側が激しく削れている。しかし、ネジは削れていない方が無くなっている。

ひっくり返すとわかるが、削れていたのは後ろ側だ。後ろ側が削れやすいのだ。


ツーリングレポートで記載していなかったが、ツーリングの走行距離は277kmで、給油量は12.65リットル、燃費は21.89km/lと最近では一番良かった。だんだん暖かくなってきて、燃費も伸びるようだ。

これで、走行距離は、1万キロを超えた。購入して、丁度1年半だ。ピレリ ANGEL GTにタイヤ交換して2700km程走ったことになるが、ほとんど減った感じがしない。

これがリアタイヤだ。

そして、フロント。どちらもミゾがはっきりしている。

純正のタイヤのように、どろどろになる事も無い。長く持ちそうだ。このANGEL GTは、グリップはいいという評判もあるようだが、あまり良くは感じない。だからといって、滑るかというと、そうでも無い。まあ、私の走り方は、のんびりしたモノで過激では無いから、滑らないのかもしれないが。


チェーンルブは、WAKO'Sにして正解だ。ほとんど汚れない。


オイル交換して、2400km程走っているが、だいぶ茶色になってきた。3,000kmで交換と行きたいが、ゴールデンウィークが近づいている。そろそろ交換してしまおうか。





2018年4月23日月曜日

SUZUKI GSX-S1000F 4月のツーリングは3人

4月のツーリングクラブツーに参加した。

今回の幹事は、hiroさん。コースは、今川PA集合で宇佐ICまで行き、県道50号線で湯布院の金燐湖畔のカフェでコーヒーしてから、帰りは京築アグリラインで戻り、昼食を取るというものだった。

朝方気温は9度だった。ちょっと寒い。実は前日冬に戻ったかのような寒さだったのだ。

しかし、前日と異なり天気は回復。朝は10度を切る寒さだったが、日が照ると暖かく感じる。

集合場所に集まったのは、幹事のhiroさん、CBR1000RRの西森さん、R1200RSのすぎやん、そして私の4人だった。すぎやんは、風邪気味で途中離脱するかもと言っていた。

実は、幹事のhiroさんはフルパワー1700ccのV-MAX乗り。タンクなどにカスタムペイントが施されている。実は、昨年大怪我をして片目がよく見えなくなり、バイクを乗るのも諦めかけていたのだ。怪我の後、初めて乗るV-MAXだった。その為、まだ、長距離のツーリングは難しい。それでも、幹事の任を全うすべく来てくれたのだ。


それで、次のインターでhiroさんとはお別れ。結局3人でのツーリングとなった。

宇佐まで高速で行く。いつもなら「まほろばうさ」休憩だが、ここまで30分もかかっていないので、そのまま行くことに。

県道50号線で、湯布院に向かう。

そして、湯布院に近づく、最も標高の高いところまでやってくると、気温はぐっと下がり、道ばたには昨日降ったという雪が残っていた。

そして、50号線が終わり、湯布院の金燐湖へ向かうべく左折したら、すぎやんが来ない。道ばたで待っていたが、来ないので、別の道から行ったのかもしれないと、とりあえず、

カフェまで来てみた。

ここで、モーニングコーヒーをするつもりだったが、有名なカフェらしく満席で入れなかった。

金燐湖のすぐ横なのでとりあえず二人で記念写真。スマホを見ると、すぎやんから、お腹痛くなったので、道の駅「ゆふいん」で待ってますのと事。

道の駅「ゆふいん」に行くと、すぎやんが待っていた。

実は、県道50号線を走っているときに、振動の激しさから、バックミラーステーに付けていた動画カメラが外れていたのだ。ここで、工具を取り出して取り付けなおした。

hiroさんが作ってくれたコースだったが、せっかく湯布院に来たので、温泉に入ってのんびりした後、食事して帰ろうと言うことになった。

それで、湯布院の南側にある11号線沿いの夢想園に向かうことに。踏切で待っていると

真っ赤な電車が通過していった。

そして、到着。

急な下り坂を下がっていくと、温泉の方がいらっしゃいませとオジキしてくれた。丁寧だ。泊まりじゃ無くて申し訳ない。

一番奥の駐車場に入った。

料金700円を支払って、露天に向かう。

脱衣所はこんな感じ。温泉の写真は撮らなかった。残念。

のんびり温泉に3人でつかって、冷えた体を温めて、少し早めに昼食場所へ。

以前来たことのある、福助というラーメン屋。劇辛が有名。早めに来て正解だった。開店の11時半には行列ができていた。

ということで、鶏辛ラーメンを注文。わたしは小辛の大盛りにした。

この色、真っ赤だ。これで小辛だ。麵をすすると、咳き込むほどに辛いのだ。

それでも、味は言うこと無し。旨い。

そこを出発して、飯田高原でちょい休憩。

しかし良い天気だ。

ここで、すぎやんのサイドスタンドをみると、自作のエクステンションが付けられていた。5月下旬にあるSSTRに参加する予定なので、そこで砂浜に埋まらないようにだ。しかも、これは手作りなのだ。素晴らしい。

で、私のサイドスタンドを見ると、あれっ、3つあるはずの止めねじが1つ無くなっている。なんてこった。ネジロックまで塗っていたのに。いつ落としたんだろう。

やまなみハイウェイを西に進んで、レストハウスやまなみで休憩。奥に見える赤いバイクは新型のゴールドウイグらしい。注文がさばききれないほどに売れているとのこと。

後で、走っているのを見たが、非常にジェントルな音で、まるで車のようだ。

ここで、おやつのソフトをいただた。

遠くの山を見ると、4月とは思えない。白くなっている。

そこから、387号線、28号線と走ってやって来たのは、


青洞門。

トイレに行って出てみると、すぎやんが階段の前にいる。そして登ろうと。

石段の上を見ると....

ええ、これ登るの?

結局登ってみることに。

しかし、思った以上に急だ。

風邪気味だとか言っていたのに、一番元気が良いのはすぎやんだ。

到着したら、百羅漢のように岩がえぐられた景色。

妙見堂というらしい。

小さなほこらもあった。

ここで、記念写真。

さらに先に行ってみると、

もう、これ以上は登れない。ここで景色を堪能して戻った。

帰りは、アグリラインを通って途中のコンビニで解散となった。

終わってみると、なかなか多彩なツーリングとなった。

3人だけと少し寂しいかもと思ったが、どうして、楽しいツーリングだった。