2018年12月12日水曜日

ライディングシューズを買った


数年前に買った冬用に主に履いているArcXのライディングシューズだが、

もう、靴の裏がすり減って濡れた路面ではかなり滑りやすい。

その上、表皮が剥げてきている。でも、それ以外は特に問題ないのだ。でも、見てくれもよくないので、とりあえずこれと同じくらいの安いのを買ってみることにした。




それで購入したのが、これだ。

ArcXが5,000円くらいだったから、さらに安い。なぜこれにしたかというと、ポイントが少し余っていたので、それでなんとか購入できるものとして探してこれを見つけたのだ。本当はちゃんとしたやつを買うつもりなのだが..。

なんでも安いものを買って、試してみたいというタチなのだ。


ブランドも何もない、パッケージ。でも、ちゃんとしていると言えばちゃんとしている。


中身。ちょっと固め。いやな予感。以前、シフトしにくくて捨てたことがある。


ただ、甲高の私の足には合いそうだ。


履いてみた。かなり足首部分が広い。ただ、そのおかげで歩いても足首が痛くない。

今のところ、バーグマン200でしか使っていない。おそらく、バーグマン専用になる気がする。バーグマン200では、今回のツーリングでも使ったが、何の問題もない。履いたり脱いだりも、ArcXとそんなに変わらない。基本紐靴なので、紐を緩めてぬいで、履いてからひもを締める。

そのうち、GSXでも使ってみよう。やや...いや...かなり太いのでかっこよくはない。

それと、足首のベルクロテープがちょっと短いのですぐにベローンと外れてしまうことがある。まあ、バーグマン200であれば、基本足で操作はしないのでいいが。

今のところは使えている。大満足じゃないが。まあ、スクーター用だな。


2018年12月11日火曜日

UMIDIGI Oneの使い勝手など

購入したよ、という報告はしていたが、その後はどうなったんだとお叱りを受けそうなので、ちょっと報告。

まずは、バッテリーの持ちだが、

システムチップがMediaTek Helio P23なのだが、このMediaTekのチップはあまり燃費良くないとのうわさだが、その通りで、この様に使わないでも1日(24時間)でバッテリーは空になってしまう。その代わりに、スリープからの復帰は速くてすくに使える雰囲気ではある。

これは、仕方ない。価格が価格なんだからとあきらめるしかない。まあ、毎日必ず充電しておれば問題ない。

今回、UMIDIGI Oneをナビとして使った。実は、いままで何度か使っているのだが、これが意外にいい。何がいいかというと、音楽を聴いていてもナビの案内音声がそれ以上に大きな音でとても聞き取りやすいのだ。

いままで使っていたarrows M3では、とにかく案内音声が小さくて、走行中はほとんど聞こえないことが多かった。何かシステムの設定なのかと思っていたが、機種ごとにこんなに違うとはびっくりだ。

ただ、おろしたての頃は、電波の入りがいまいちで、ナビの地図が出なくなったり、タッチできなくなったりと色々とトラベルがあったが、デュアルSIMの機能を使って、nuroの通話SIMに加えてIIJmioの通信専用SIMを入れてからは、感度が大幅に上がった感じだ。

ナビとして今のところは、問題ない。ただ、3Gのバンド19(800MHz)に対応していないことは、山奥などに行くと圏外になることもままある。ただ、最近Yahooナビは地図をキャッシュしてくれるのようになったので、少なくともナビが止まることは無いようだ。地図の表示はルート以外は見えなくなるが。そのため、リルートはできない。

という事で、意外に使えるスマホだ。気に入っている。

2018年12月10日月曜日

モビリオ修理したら....

毎日モビリオで通勤している。

今朝は、今年一番の寒さでなんと車内/車外とも2.9度。寒い。

実は、このモビリオ。ちょっと前に2つの問題で修理に出していた。

一つは、このビデオを見ていただくと分かるが、インジケータの右端が電圧にしてあるのだが、電圧が高くなりすぎて16Vを超えて、Hi表示になり、左にあるバッテリーエラーインジケータが赤く光っている。おそらく発電機の問題なのだろう。具体的な症状としては、ポジションランプやバックランプなどが点滅するくらいなのだが、これだけ電圧が高いと走行途中にヒューズでも切れれば、突然止まることも考えられ、危険だ。

そして、もう一つは、もうだいぶ前からの症状なのだが、CVTのクラッチジャダーがびどいのだ。坂道で止まって、発進するとガタガタとひどい振動がある。

ということで、購入したホンダにもっていった。そうしたら、やはり発電機の不具合で部品交換となった。クラッチジャダーに関しては、ミッション系のオイル交換とすり合わせ、添加剤の添加などを行うという。

部品が届くまで、少し時間がかかるというので、台車を1週間ほど借りた。

台車は、真っ赤なFitだった。モビリオに比べるとシートが低くて、かなりスポーティ。乗車姿勢だけでなく、ハンドルも非常に軽く、とてもクイック。びっくりした。


フロントガラスがかなり前傾していて、かなり開放感がある。屋根は低いのだが。Aピラー部に窓があり、視界を塞ぐものもあまりない。





メーターは、3連メーター。真ん中に付いている燃費計が単なる数字ではなく、バーグラフで燃費状態を表すのもなかなかだ。下り坂でアクセルを戻すとリッター40kmまで行くのも面白い。


リアの視界はちょっと狭いが。

とにかく、一人乗りならなかなかいいと思った。それに、赤い車に乗ったのは初めてだったが、いままでと違ってなぜか道を譲てくれる人が多かった。

恐らく、女性が乗っていると思うのだろう。譲った後でおっさんと分かってがっかりしたかもしれないが。(笑)

という事で、1週間楽しく乗ることができた。

やはり、そろそろモビリオは買い替えかなぁと思っていたのだ。

ところがである、修理車のモビリオを受け取って帰る道で、その改善ぶりに驚くことになった。坂道でも、発進の時に全くガタガタしなくなった。発電のバッテリーエラーも全くない。乗りこごちまでいいように思う。ホンダのサービスなので、綺麗に洗車してあって気持ちいいというのもあった。

とにかく、買い替えかと思っていたのが、嘘のように新しい車に乗っているかのような雰囲気なのだ。

修理代金は、9万程かかったが、全然高くは感じなかった。やるなホンダガレージサービス。