2018年7月18日水曜日

SUZUKI GSX-S1000F オイル交換! AZ MEG-013

GSX-S1000Fは、前回オイル交換してからまだ1800km程度しか走っていないのだが、前回走った時に、エンジンが熱くなると、どうも、調子がイマイチな感じがして、気になった。

気分的にオイル交換したくなったので、交換することにした。

今回は、以前BMW R1100RSに乗っているときに夏場で良い感じだったAZの5W-50という高粘度のMEG-013にした。低価格なオイルだが印象は良い。この前、サーキットタイプを使ってみたが、思ったほど良くなかった。夏場となり、高粘度の方がいいだろうとこれにした。調子が良ければ、これを常用したいのだが。

今回も、フィルターは代えず、オイル交換のみにする。カウルを取るのが面倒なのだ。

そして、暖機すると、とてもオイルが熱くなるので、厚手の耐油手袋を使う。

オイルは、意外に汚れていた。しかも、さらさらだ。

オイルは十分に出尽くすまで待つ。

その間に、ヘルメットフックを変更。PCXに付けていたものを少し上に取り付けた。いままで付けていたSUZUKIチョイノリ用のヘルメットフックは、上の方に取り付けることができなかったのだ。というのも、ネジが裏から止める構造のためだ。しかも、鍵がないとロックできないという面倒な機構ということもある。そのうえ、ヘルメットをこのフックに付けると丁度ステップに当たって傷だらけになる問題もあった。

PCXに付けていたものは、前からネジを取り付けるので上の方に付けられた。これで、ヘルメットに傷がつくのが減るだろう。しかも、鍵が無くてもロックできるタイプだ。左の
チョイノリ用は外して、これをPCXに取り付けた。

そして、新車の時に付けてもらったKIJIMAのヘルメツトフックは外した。キャリアの陰に隠れてほとんど使えなかった。Dリンクがとどかなかったのだ。

作業していたら、オイルも垂れなくなっていたので、ドレインボルトを取り付けた。

まずはオイルを2リットル投入。

0.7リットル程度追加。計2.7リットル。

ゲージを見てみると、調子度良い感じだったが。

エンジンをかけて、数分してから見てみると少なめ。

100cc程度追加して、丁度良いくらい。結局規定の2.8リットルだった。

フロントタイヤも交換し、ブレーキもメンテし、オイル交換もしたし、どんな感じか楽しみだが。天気がイマイチ。

今週は走れるだろうか。