2018年7月31日火曜日

BMW 試乗会に行ってきた

BMWの試乗会は、一般道で走らせてもらったものと、免許教習場で他メーカーと一緒のものがあった。今回は、単独で免許教習場でおもっいきり走れるというものだ。

自分のバイクでも走れるので、一本橋などを久しぶりに走ってみることにした。

会場は、北九州市の北方自動車学校。その隣には、北九州免許試験場があるのだが..。
以前ここに来たときには、建物の前と、手前の草が生えている空地もすべてコースになっていたのだが、どうなっているのだろう。

コースがあったところにはパワーシャベルなどが土を盛っていたりしている。

こちらが、自動車学校のコース。

BMWの試乗車がトラックに乗せられて来ていた。

試乗車が下ろされたので、まずは下見。

これは、K1600Bだ。1650ccの6気筒を積む、大型ツアラーで、ハーレーの大型カウル付きに対抗するバイクだろう。車重も330kgと重い。

巨大なカウルに収まるアナログタイプのメーター。

これは、試乗したことがあるR1200GSだ。ローシート仕様とのこと。

これは、BMWのSSであるS1000RRだ。以前このエンジンを積んだS1000XRには乗ったことがある。

G310Rだ。低価格で手軽に乗れるモデルだ。

最近出たG310GS。軽いアドレベンチャーバイクだ。

すぎやんが、さっそくG310GSに試乗していた。

今回は、G310GS、K1600B、S1000RRと試乗した。

ビデオを撮っているので、現在編集中なので、後日記載したい。

試乗を終えてから、真夏の試乗会でかなり暑かったので、

近くのファミレスで、

かき氷を注文。

私は、イチゴ、すぎやんは宇治を頼んだ。しかし、思った以上に大きくてちょっとびっくり。

前回のツーリングで、少しだけ足してガソリンが少なくなっていたので満タンに給油。

試乗では、S1000Fでもコースをエンジンをガンガン回して走ったこともあり、燃費は20km/lをなんとか維持した程度だった。

タイヤは、リアは1200kmほどになるが、だいぶこなれた感じ。

フロントは460km程。まだ、ひげが残っている。

前回のツーリングといい、今回の試乗会といい、いい仕事をしてくれている。

つづく。