2018年5月29日火曜日

SUZUKI GSX-S1000F タイヤ皮むきに角島へ

タイヤを交換したので、タイヤの皮むきをかねて少し走ってくることにした。

ツーリング先は角島で、広域農道をはしごするコースにした。

これが、今回走った軌跡だ。青い部分が広域農道。反時計回りに走った。

出発は8時頃。すでに20度になっている。暖かい。

今回からジェットにした。HJCだ。

ライディングジャケットは、YELLOW CORNのメッシュタイプに薄いインナーは付けた。
下はKOMINEのオールシーズンタイプのパンツで、インナーは外した。

天気はとてもいい。快晴に近い。風も丁度良い感じで気持ちいい。

関門トンネルを通って、下関に渡った。

一本目の広域農道を走る。今日は車がいたがとてもペースが良かったので、付いていくことにした。タイヤは、何も問題ない。

広域農道から、県道34号線で北上する。右に木屋川が見える。

そして来たのが、道の駅蛍街道西の市。まだ1時間ほどしか走っていないが。きちんと休んで、無理しないように。何せ、皮むきがてらだ。


しかし、駐輪場には私だけ。ちょっと寂しい。飲み物を買って、中にある椅子に座ってちょっとのんびり。

バイクに戻ってタイヤチェック。とても綺麗だ。このミシュランSuper Sports Evoはセンターが堅く、サイドが柔いという3層構造になっているらしく、その境が見て取れる。触ると消しゴムのようだ。

フロントは、リアに対して堅い。三層構造になっているかはわからない。走行中は、ちょっと荒れている路面だと、ハンドルにその振動がかなり来る。

リアはとても乗り心地が良い感じなのだが。

十分休んだので出発。

豊田湖付近は、くねくね道が続く。以前ANGEl GTを前後に履いているときにここを通ったら、リアがちょっとズリッと滑って怖い思いをしたが、今回は全く安定していた。3年落ちは全く問題ない感じだ。

そして湯本温泉を通って、今日2本目の広域農道「みのりロード」を走る。ただ、スピードは控えめに。特に先頭を走っているときは慎重に走った。そういうときが危ないのだ。

途中で、えらく速い軽自動車に出会ったので、その後を付いていったら、信号が変わる時に置いて行かれてしまった。それで、信号が変わったときに、1速でレブリミットまで回してみた。こんな事したのは初めてだが、改めてそのエンジンパワーの凄さを実感した。すげぇ。

こんなにパワーがあるとは。いつも6速で走っているので、こんな加速は初めてだ。素晴らしい。あっという間に、軽自動車に追いついたのは言うまでも無い。

この加速時にも、リアはとても安定していた。

広域農道が日本海側を走る191号線にぶつかって終了。左折して角島に向かう。

そして、角島に到着。今回はポールが立ててあって駐車できなくなっていた。

しかし、それでも車が沢山止まっていた。しかたないので下り坂に止めた。橋の景色がイマイチ見えづらい。残念。

そして橋を渡った。今日は車が少ない。

途中の島のところで止まって写真をパチリ。

しかし、海が綺麗だ。素晴らしい。

その先の「しおかぜの里 角島」で休憩。

ここでも、タイヤをチェック。だいぶ端まで皮がむけていた。皮むきは完了といって良いだろう。

フロントは変化無し。

まだ11時くらいだが昼食をここで取ろうかとも思ったが、腹がまだ減っていなかったので、やめた。

そして、内陸部へ。久しぶりにブルーロードを走った。素晴らしく気持ちいい。もちろん、GSX-S1000Fでは限界を試すには命がなくなる恐れがあるので大人しく走った。

そしてやって来たのは、豊田農業公園「みのりの丘」。隠れスポットだと思っていたのに、車が何台も止まっていた。なんてこったい。

丁度12時を過ぎた頃だったので、ここで昼食を取ることにした。メニューを見て「いのしかメンチカツセット」に決めた。安いし、猪と鹿の肉が楽しめるとは、いいではないか。

この機械で食券を買わねばならない。相当長く「いのしかメンチカツセット」を探してしまった。左下の「ジビエ料理」のところにあるのをやっと見つけた。ジビエ料理とは、捕獲した野生動物を料理したモノとのことだ。本当かな。

店内。綺麗だ。外には車が何台も止まっていたが、レストランはガラガラだった。

注文した料理が届いた。価格の割に良い感じではないか。

メインのいのしかメンチカツを食べてみた。野菜も入っていて肉の量は少ない感じ。とても柔らかくて、肉々しくは無いが、味はなかなか美味しかった。これはお勧めだ。ただし、肉自体を味わいたいという人には向かないだろう。

食後公園内を散歩。

以前来た時に、とてもサービス旺盛だったヤギ。白いのが母ヤギで、その他は子ヤギだ。

だいぶ大きくなっているのに、子ヤギが乳をせがんでいた。

奥に行くと、父ヤギがいた。この父やぎがサービス精神旺盛なのだが、今回はにっと笑ってくれた。いい顔だ。知性を感じる。

対してその奥の鶏小屋の鶏たちは、全く知性のかけらも感じない。

ただ、えさをついばむだけだ。

建物のところまで戻ってきた。この中が食堂になっている。

バイクに戻ると、日が照っていることも有り、35度になっていた。すでに真夏のようだ。暑い。

そして、帰りは「みのりの丘」から始まるフルーツロードを通り、小月ICから高速に乗って帰った。高速も走っておきたかったのだ。高速でもアクセルをぐりっと回してみたが、とても安定していた。前後でタイヤメーカーも、カテゴリーも異なるタイヤだが、なんの問題も感じない。

特にリアのグリップ感があって安心して走れた。世間で言われているような前後で違うタイヤだとバランスが悪いとなどと言われているが、サーキットでも走るとその差違が気になるのかもしれないが、普通にツーリングするのであれば問題ない。少なくとも私の走り方では全く問題なかった。

良いタイヤを低価格で入手できてよかった。3年落ちは気にならない。

今後も気持ちよく走れるだろう。

燃費は20.7km/lだった。タイヤ交換後、少し渋滞した町中を走ったので、燃費は少し悪かった。それがなければ22km/l近く行っていたはずだ。