2018年5月17日木曜日

HONDA PCX 空気圧チェック

PCXの異音対策を行って、本当にPCXに乗るのが楽しい。今日もチョイノリしてきた。

帰ってきて、そういえばPCXでタイヤの空気圧チェックなどしたことがなかった。

せっかくいいエアチェッカーを買ったので調べてみることにした。

フロントのタイヤはミシュランだ。

まずは、フロントから。

なんと、100kPaもなかった。これはすくなすぎだ。

さっそく、空気入れ。

が、車体を見てもタイヤ空気圧の指定のシールが無い。インターネットで調べると、フロント200kPA、リア225kPaだと分かった。

ということで、200kPaにフロントは合わせた。


次はリアタイヤ。

こちらも、130kPa程しか入っていない。

同様に空気を入れて、規制の225kPaにセット。

リアタイヤは純正のIRCだ。雨の日はリアが良く滑る。

そういえば、製造年月日を確認していなかった。リアは2016年だった。こでも、GSX-S1000Fに付けているANGEL GTより3年も新しい。

次にフロントを見とる、こちらは2014年だっち。タイヤは雨でもよくグリップしているが、ちょっと古かった。

気になったので、GSX-S1000Fのパンク修理したリアタイヤの空気圧を調べてみることにした。

すると、290kPaに合わせたのに1週間ほどで、10kPa減っていた。1週間でこれくらい減るのかな。いやそんな事はないだろう。

まあ、タイヤは注文しているので、届いたら、交換しよう。