2018年2月28日水曜日

芦屋航空祭に行ってきた その2

つづきだ。

次に出てきたのは、F-16? F-?? かなり速い戦闘機。

旋回速度もかなりのもので、羽根の縁から筋がでている。

いままでの飛行機でだいぶ練習がでたので、だいぶ撮れるようになった。

とはいっても、実際は、連写モードで数十枚撮って何枚か見れる程度だが。

ずきやんは息子さんと、やって来ていた。昼前に合流した。

なにやら、建物の上で外人が(米国軍人?)が、手を振っている。どうも、この人がデモ飛行の指示をする人らしい。

そしてやって来たのが、米軍の戦闘機。これは、なんとマッハ2だそう。マッハとは音速のはずだから、その倍の速度まで出るということだ。

これは、速い。なかなか合わせられない。

外してばかりだ。

やっと撮れた1枚。

会場で買った弁当を食べて昼飯をとり、午後から始まるブルーインパルスのデモ飛行を待つが、なんと2時間待ちだ。もうすこし早くしてもらえないものか。

待ちくたびれた時に、エンジン音が聞こえてきた。

お待ちかねの飛行準備が始まったようだ。


そして、やっと、飛行開始。

なかなか良い動き。

編隊飛行も綺麗だ。

だが、悲しいかな200+2倍エクステンダーは単焦点レンズだ。引きたくても引けない。こういうときは、ズームレンズが欲しくなる。

これは、EOS M3で撮ったモノ。しかし、デモ飛行が南側なので、逆光になって液晶ではよく見えない。

ズームが出来れば、広角で全体をとらえられるのだが。巨大なレンズを付けている人が沢山いたが、あれらはズームレンズなのだろうか。そのようには見えなかったが。

なかなかスピード感のある写真を撮るまでは行かない。止めて撮れるだけでやっとだ。

しかし、さすがにブルーインパルス。

なかなか見せてくれる。

そして、3時頃、観客達が一斉に出口に殺到する。


バイクの人たちは、危険なので、門の外100m程まで、バイクを押していかねばならない。それでも、下り坂だっので良かったが。

上ばっかり見ていたので、帰ってから少し首が痛くなってしまった。

それにしても、以前築城航空祭行った時に比べて、カメラの画質が落ちたような気もする。カメラは築城の時にはEOS 20Dだったはずで、EOS Kissよりは高性能だったからかもしれないが。

まあ、それでも、久しぶりに、航空祭にいけて楽しむことが出来た。