2017年12月7日木曜日

HONDA PCX 久しぶりにツーリング その1

実は、ここ2週間程風邪のような症状で体がだるく、咳が出ることが多かった。それで、11月下旬は、大人しくしていたのだが、少し体調が戻ってきたので、PCXでリハビリをかねて走ってみることにした。

目的地は、秋月城跡の紅葉を見に行くことにした。ついでに、まだ回っていない道の駅を2つほど回ることにした。

PCXで行くので、バイク用ジャケットを着るのも気恥ずかしいので、ワークマンの防寒ジャケットとパンツを着ていくことにした。朝日で茶色に見えるが、実際は黒色だ。


気温は1度!と見えるが、別の温度計だと8度だった。おそらく7度だったのだろうが、日が当たったことで上半分が見えなかったのだろう。

走り出したが、少し雲が見えて、寒々としていた。ジャケットの下に厚手の服を着込んでいったが、それでも寒かった。パンツの下には何もはかなかったので、足も少し寒かった。

この前行った道の駅「いとだ」の横を通過。

だいぶ雲がとれて快晴になってきた。

そして、山中に入っていった。まだ、日陰に入ると寒々としていた。

だんだんと、北部九州豪雨の被害地に近づいていく。ちょっと止まって日光を浴びた。止まっていると寒くない。川の水量は多い。

少し走ると、変なモノがあった。何だろう。小さな木に袋がかぶせてある。

ススキもあった。秋も深まってそろそろ冬が近づいているのを感じる。

さらに、上っていく。PCXは調子良い。登りでも、平気で上がっていく。

こんなに天気が良いのに、まだ本調子ではないからだろうか。寒さを感じてあまり速度を上げられない。

ますます高度が上がってくると、日陰の路面が濡れている。がたがたと震えてくる。

スマホが、横向きに表示されて見にくい。みたら、設定がおかしくなっていたので修正した。GSXに付けていた時もそうだったが、バイクで走ると右や左が下になってしまう。どうもおかしい。

ナビもちゃんと見えるようになったので、さらに上っていく。

車はほとんど見なかった。県道66号線の白坂峠と書かれていた。なかなか良い道だ。

今度は急に下っていく。しかし、調子に乗って急カーブを曲がっていくと、リアがズリッと滑って慌てた。軽いし、速度も大して出ていなかったので、ちょっと驚いた。そういえば、リアはIRCの滑ると評判のタイヤだった。フロントが評判のミシュランだったのは幸いだった。

やっと平地に着た。もうすぐだ。

秋月城跡方向に入る。日曜と祭日は通行止めだが、今日は平日なので遠慮無く入って行く。

観光客が歩いているので、慎重に、ゆっくりと、進む。

一番奥の城跡近くにある公衆トイレの裏に向かった。

その奥に、バイクを止めた。

トイレで用を足していると、キャッキャという声が聞こえた。なんと、猿回しだった。まるで操り人形のようだった。

紅葉が見えた。あまり鮮やかでは無い。

階段を見上げるとなかなかの景色だ。

終わりかけかと思ったが、そうでも無かったようだ。

完全に赤くなっていない感じだ。

多数のカメラマン達がこの門を撮影していた。

茶屋の上が最も綺麗だ。以前ここに来た時には、もっと紅葉の赤が鮮やかだった気がした。今年は、あまり染まり方が良くないのかもしれない。

門を通って振り返る。カメラマンがここにもいる。

中を通り抜けると、秋月中学校の校庭の前に巨大な楠がある。

つづく。