2017年11月30日木曜日

EOS M2用マクロアダプタ

EOS M2の標準レンスが寄れないという事は、紹介した。前回は、マウントアダプタで一応の解決を見たのだが、別の解決策としてマクロアダプタというものがあるのを知った。

Amazonでも売っていたので試しに注文してみた。



(フォトガ)FOTGA オートフォーカス キヤノンEOS MマウントAFマクロDGエクステンションチューブ10mm+16mm セット用

3千円以下と低価格だ。

パッケージ。見てわかる通り中国製。

まあ、パッケージとしては普通。

中身。こちらがカメラ側。アルミの様に見えるが、非常に軽い。樹脂製かもしれない。

こちらが、レンズ側。位置合わせ用の赤いポッチが付いている。

16mmと10mmの2つが連結されている。

簡単に分離できる。

これが、標準レンズ状態。この近さでもピントが来ない。

それが10mmでも、この近さでピントが合う。というより、レンズ直前まで寄らないとピントが合わない。つまり、アダプタを付けた状態では、ピントの合う範囲はレンズ直前のみとなってしまう。

付けたままで、遠景からレンズ直前まで使えると思っていたが、当てが外れてしまった。

それに、近すぎて撮りにくい。おそらく、これを使うことはあまりないだろう。低価格でよかった。